梅雨の季節は熱中症に要注意

2018年06月8日

 

 

こんにちは!

静岡県藤枝市のスポーツでのケガ(足首・肩を捻る)の対処・再発予防を得意としている坂本接骨院・鍼灸院 藤枝分院です。

 

 

6月7日も沢山のご来院ありがとうございます!

皆さまの「健康」をサポートしていきます!

 

 

今回は、鍼灸師が皆様に

水分補給の大切さについてお送りします。

 

 

そして最後にちょびっとだけ

スタッフの日常をお届けします!

 

 

 

 

 

 

 

なぜ熱中症・脱水症状になるのか?

 

 

熱中症・脱水症状は、部屋の中・外問わず

高温または多湿の環境で起こると言われています。

 

 

身体が高温・多湿の環境に適応しようと

汗をかいて体温を下げようとするため、

意識的に水分を取らないと、どんどん身体の水分が少なくなってしまいます。

 

 

 

 

そして脱水になり

 

身体に水がなくなる

体温を下げられない

体温上昇

臓器へ血液を送れない

各臓器がうまく働けない

 

 

という悪循環に陥ってしまいます。

 

 

 

 

では、具体的にどのような症状が出るのでしょうか?

 

 

熱中症・脱水の症状は?

 

 

失神

 

熱を外に逃がそうとしすぎて、脳への血液が足りなくなる状態。

 

【症状】めまい・冷や汗・一過性の意識障害 など

 

 

 

けいれん

 

汗をかいたとき、塩分をとらず水だけ摂取したため

血液中の塩分濃度のバランスがおかしくなった状態。

 

【症状】手足のけいれん・足が攣る・筋肉痛 など

 

 

 

疲労

 

大量の汗をかいているのに、水分補給が出来ない状態。

 

【症状】全身倦怠感・頭痛・嘔吐 など

 

 

 

熱射病

 

 

脱水症状が悪化した状態。

 

【症状】汗をかかなくなる・意識障害・全身の臓器の障害

    体温が40℃以上まで上昇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに、湿気の多い季節や夏は

暑い・暑くない、室内・屋外に関わらず

喉の渇きを感じる前に水分補給をすることが大切です。

 

 

そして、できるだけ水道水や真水などではなく

塩分の入ったスポーツドリンクや経口補水液が最適です。

 

 

 

 

これから湿気が多くなり、梅雨が明けると暑い夏がやってきます。

寒暖差に負けないよう、そして熱中症にならないよう

こまめに水分補給をしていきましょうね!

 

唇が乾いたら補給するのをオススメします!

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

話は変わりまして

 

先週の土曜日に、院の近くの高校が文化祭をやっていたため

スタッフみんなでお邪魔してきました!

 

 

 

 

 

 

 

日差しがまぶしすぎて

約1名すごい顔をしていますが気にしないでください(笑)

 

 

 

久しぶりに高校という甘酸っぱい青春を感じる場所に足を踏み入れたので

とっても楽しかったです!!!

 

 

はい!ひょっこりはん!

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで毎日仲良く、時に厳しく

のびのび成長し合っている3人です 🙂 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者様として来院されていた子にも会うことができ
短い間でしたが有意義な時間を過ごすことが出来ました!

 

秋頃に他の学校が文化祭をやるときは
またスタッフみんなで行けたらいいなと思っています!

 

 

 

 

 

 

前回のブログは

食事・睡眠・運動のバランス