腰痛のセルフケア③

2017年10月20日

 

こんにちは!

静岡県藤枝市のスポーツでのケガ(捻挫や膝・股関節の痛み)の対処・再発予防を得意としている坂本接骨院・鍼灸院 藤枝分院です。

 

本日も沢山のご来院ありがとうございます!

皆様の「健康」のお手伝いができるようにサポートしていきます!

 

今日は久々の晴れ間!

多くの主婦の方は、洗濯物の嵐に追われている頃かもしれません・・・。

明後日頃から台風も直撃みたいなので、外出される時はお気をつけて下さい!

 

さて本日テーマも

「腰痛のセルフケア③」

です!

 

今回で、ひとまず腰痛編は終了したいと思います。

腰痛以外にも症状がありますからね・・・

次回からは他の症状についてやっていこうと思います!

 

 

前回、前々回の記事でもお伝えしてきたように

腰痛といっても、様々な「原因」から起きていることをお話ししました。

お腹編・・・・http://sakamoto-sekkotsu-fujieda.com/blog/%e8%85%b0%e7%97%9b%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%b1%e3%82%a2%e2%91%a1/

お尻編・・・・http://sakamoto-sekkotsu-fujieda.com/blog/%e8%85%b0%e7%97%9b%e3%81%ae%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%b1%e3%82%a2/

 

今回は、 「腕」が原因で腰痛になる方のお話をしたいと思います。

 

 

・・・・・・

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

え?!痛いのは腰なのに、なぜ腕??!!

 

と、とても疑問になられた方が非常に多いと思います。

それを今からお話していきます。

 

仕事として、介護をやっている方が多く見られます。

 

介助者を起こしたり、寝かしたり、食事与えたり・・・とまだまだ沢山の腕を多く使う仕事ですし、力いっぱい使ったり、優しく使ったりと腕の機能をフル活用している職業です。

 

ですので、腕の機能が限界になると、上手く使えなくなり

体幹部(腰や背中)を代用して使うことがおおくなるので

ぎっくり腰ぎっくり背中といった突然の痛みが

身体を襲ってくるのです。

 

 

前にぎっくり腰で来院された患者様を診させて頂いたとき

ケガをした理由を聞いたら

「人を起こそうと踏ん張ったら・・・ズキッとやってしまって・・・・しかも、はじめてじゃないんです。」

介護のお仕事をずっとやられていて何度も同じシチュエーションを経験している方でした

 

腕をチェックしてみたら、ものすごく硬くなっていて

本人も気付かないくらいの状態になっていました。

 

そのまま腕を調整していくと

動きが軽やかになり、本人もびっくり。

腕をしっかりとケアするようにを伝え、その後は軽い腰痛はでるものの

ぎっくりまでいかなくなり、当院で月に3回、同じ経験をしたくない!との思いでメンテナンスに通われています。

 

自宅でのセルフケアとして

 

 

 

 

 

 

 

この二つをお伝えしました。

親指で押しながらセルフケアしていただくことです。

この場所が一番硬くなるポイントですので

押しながら、手平を返すような動きで動かしてもらうケアになります。

 

こうすることで、負担がとれていき、またいつものように使えるようになります!

 

 

ぜひ、腕に原因がある方は実践してみて下さい!

 

腰痛について・・・http://sakamoto-sekkotsu-fujieda.com/youtu/