腰痛のセルフケア②

2017年10月19日

 

こんばんは!

静岡県藤枝市のスポーツでのケガ(捻挫や突き指)の対処・再発予防を得意としている

坂本接骨院・鍼灸院 藤枝分院です。

 

本日も沢山のご来院ありがとうございます!

皆様の「健康」をサポートしていけるようにしていきます!

 

 

さて、本日のテーマも

「腰痛のセルフケア②」

です!

 

昨日に引き続き、腰痛の原因に対してのセルフケアをお伝えしていきます!

 

第一弾のブログは   こちらまで

 

今回は、 「腹部」が原因で腰痛の方のセルフケアです!

腹部といっても・・・お腹が大きい人やぽっこりお腹の人が原因というわけではありません。

 

お腹のインナーマッスルです。

 

青くなっている部分の筋肉

名前は「大腰筋」といいます。

 

この筋肉は上半身と下半身を繋ぐ筋肉でもあり

股関節を90度以上曲げる時に必要な筋肉と

姿勢を保持する為の筋肉です。

 

ここが弱くなったり、硬くなったりすると

 

このような姿勢になってしまいます。

(外側の筋肉があり、中が見えませんが)

 

いわゆる猫背みたいな格好になってしまいますよね

 

そうなると、日常生活でも常に腰や背中の筋肉が伸ばされ

緊張していき、だんだんと痛みやダルさがででくるようになります。

 

まず(お腹の中の筋肉)の弱さや硬さを取り除くことによって

姿勢を改善することで、正常の動きに戻ります。

 

「お腹」が原因の方は、このようなセルフケアをお願いしています。

 

 

股関節をできる限り曲げていきます。

ただし、深く曲げると痛い方は無理しないで下さい。

出来る範囲で行うことが原則です。

これを交互に10回ずつ動かしていき、股関節を動かすことをもう一度

身体に覚えさせていきます。

 

やるタイミングは、朝一番と夜寝る前です。

 

最後に書きますが・・・あなたの腰痛に100%効くという保証はできません。
お腹が原因で腰痛になられている方なら、効果を実感できるでしょう!

ぜひ、やってみてください!!

 

 

腰痛について・・・http://sakamoto-sekkotsu-fujieda.com/youtu/