腰のセルフケアとは??

2018年10月2日

 

 

こんばんは!

静岡県藤枝市のスポーツでのケガ(捻挫や肉離れ)の対処・再発予防を得意としている坂本接骨院・鍼灸院 藤枝分院です。

 

柔道整復師の太田がお送りしていきます。

 

10月2日もたくさんのご来院ありがとうございます!
皆様の「健康」をサポートさせていただきます!

 

 

さて、本日のテーマでもある

 

「腰のセルフケアとは?」

 

以前から、腰痛シリーズでブログを書いています。

それはなぜか????

 

正解は・・・

 

腰痛で来院される患者様が9月~10月にかけて多かったからです。
(男女比は4:6  女性の方が多いことに驚きました!)

 

 

 

長年の腰痛で悩んでいる方もいれば
ギックリ腰になってしまった方もいます。

 

ギックリ腰は、初回処置が大事なポイントになります!

長年の腰痛は、根気がポイントになります!

 

 

そんな当院に来ていただいている腰痛患者様の方から

こんな質問をされます。

 

「せっかくここまで腰の調子が良くなったので

自宅で出来ることないですか?」

ととても嬉しい言葉ですね!

 

皆様の健康意識が高くなってきている証拠だと感じています。

 

さて、自分でケアする=セルフケアなのですが

方法は沢山あります。

 

以前もブログで、沢山のやり方がありますと書き

今回も似たような感じになってしまいますがご了承下さい。

 

まず、大事なことは

 

「そのやり方、あなたに合っていますか?」

 

もっとも効果的なやり方は、あなたの原因にしっかりとアプローチできているかが大事です!

例えば・・・ナビの扱いと同じです。

 

目的地(原因)を決めて、現在地(今の状態)からルート(やり方)を検索して案内(実行)開始。

 

このような感じで、しっかりとした目的があり

闇雲にやるのではなく、まずは原因を知ることです。

 

この質問をして下さった患者様のやり方をひとつお教えします。

 

この方の腰痛の原因

腹部股関節の硬さが原因で腰痛を出していましたので

股関節のストレッチをお伝えしました。

 

股関節をできる限り

自分の方に引き上げてくるストレッチです。

場合によっては、曲げすぎて腰が痛んだり、曲がらないということもありますので

自分のできる範囲で行うことが大事です!

 

片方10回ずつを3セット行うことをお伝えし実行していただいています。

 

セルフケアしていただいているおかげで

半年辛かった腰痛が施術回数10回で改善できました!

 

 

最初の話ではありませんが、痛みが取れたから終わりではなく

今度は繰り返さないようにしていき、趣味を続けることが
この方の次の目標に変わっています!

今後もサポートしていきます!!

 

腰痛肩こりなどの原因を知りたい! 

どうしたらいいの?

と悩んでいるあなたへ・・・ふたつの道があります

 

1つは、原因もわからず、とにかく辛い時だけその場しのぎの施術をして、今後痛みや辛さを繰り返し、やりたいことも思いいっきりできず、お金と時間を無駄にする道
1つは、原因から改善していき、辛さを繰り返さないようにし、やりたいこと、また新しいことを始められることができる絶好調の状態で過ごす道

 

この2つのどちらを選びますか?

 

 

前回のブログ

腰痛予防!(リハビリ・トレーニング)

 

腰痛予防!(リハビリ・トレーニング編)

2018年09月28日

こんばんは! 

静岡県藤枝市のスポーツでの怪我(捻挫や突き指)の対処・再発予防を得意としている坂本接骨院・鍼灸院 藤枝分院です。

 

更新が遅れてしまい申し訳ありません。

引き続きどんどん更新していきますのでぜひ見て下さい!

 

9月28日も沢山のご来院ありがとうございます!
皆様の「健康」をサポートしていきます!

 

 

さて、前回のブログに続き・・・・

今回も日本人に7割の方が悩まれている

腰痛予防(リハビリ・トレーニング編)です!

 

 

今回の腰痛は「おしり・もも」の筋肉の硬さ もしくは筋力低下による方へのトレーニング法を行います。

 

まず前提として、お尻周り・もも周りの柔軟が充分になってきたらトレーニングに移ります!

ここで患者様から多くの質問を受けます。

 

「腰痛になったら、腹筋や背筋をして筋力強化をしていけばいいんですよね!?」

 

 

これは半分正解で半分残念です。

 

 

確かに筋力強化でお腹周りや下半身の安定性をだし、腰に掛かる負担を軽減するのが目的ですが、いきなり筋力強化をやってしまうと却って腰を痛めてしまうという方が多いです。

 

 

例えるなら・・・

フルマラソンを練習なし・ウォーミングアップなしで急にスタートする。

 

と同じことです。

これでは、身体を酷使するだけで負荷や負担に

いつまでも耐えれますか?

むしろ、走りきれますか?

 

まずは、準備が必要です。その準備というのが「柔軟」です。

ストレッチを行い、柔軟を手に入れてから強化を始める。

これが一番の良い方法です。

 

 

前置きが長くなりましたが、柔軟を充分に行った提でトレーニング方法を御紹介します。

 

スクワットトレーニング

普通に行うとスクワットとこのトレーニングは何が違うのか、といいますと

「正しいフォーム」「筋肉を意識」を徹底的に意識しています。

自力で行うスクワットですと、どうしても「ただやる」だけになってしまって
どこをどのように使っているか、どのフォームが正しいのかを意識なんてしていない方が多いです。

このトレーニングで

効率的に筋力アップ+日常生活で負担のかからない身体作りを目指して行っています。

 

もちろんこれだけでなく、どんどんステップアップもしていきます。

簡単に写真で紹介しますと・・・

 

 

片足スクワット

 

 

ランジトレーニング

ランジジャンプトレーニング

 

ここまでできる方は、ほぼスポーツ選手並です。(*´∀`*)(笑)

ほとんどの方は最初のトレーニングで腰痛予防になっていきます。

 

また予防シリーズも更新していきますので

お楽しみに~!

慢性腰痛って、聞いたことあるけど・・・実際どうゆうの?

2018年09月21日

 

こんにちは!

静岡県藤枝市のスポーツでのケガ(手・足首を捻る)などの対処・再発予防を得意としている坂本接骨院・鍼灸院 藤枝分院です。

柔道整復師の太田がお送りしていきます。

 

9月21日もたくさんのご来院ありがとうございます!
雨にも関わらず来て頂けることを感謝します。

皆様の「健康」をサポートしていきます!

 

 

タイトルにもあるとおり

「慢性腰痛って、聞いたことあるけど・・・実際どうゆうの?」です。

 

 

慢性腰痛・・・

30代~50代の方で、自分、もしくは周りの人に
1ヶ月以上続く腰痛を経験したことがある方はいらっしゃいますか?

その人たちは

 

「慢性腰痛」になる可能性が高いです!!

 

 

 

 

 

 

なぜ、経験していると慢性腰痛になりやすくなるのか?

 

慢性の意味としては、いろいろあり

対照的な言葉として、急性 があります。

 

 

 

 

整形外科の引用

・急性とは病気や痛みや炎症が初めて生じてから数日、あるいはせいぜい2~3週間以内の場合です。それに対して2~3ヵ月以上続く場合を慢性と考えてください。慢性のものの原因は、老化現象、神経痛、筋肉などの疲労、変形性関節症、血行障害、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、姿勢の問題、仕事、学業、運動不足、冷え、ストレス、心因性などいろいろな原因が複雑に絡みます。

 

 

 

急性疾患と慢性疾患の違い
出典:慢性疾患自己管理ガイダンス(日本看護協会出版会)

     急性疾患                   慢性疾患
初期     急速                   徐々に
原因    一つの原因                多くの原因
期間     短期                    不定
診断    一般に正確               不確かなことが多い
診断用検査  大体、確定的         しばしば、限られた意味しかない
治療    一般に治癒する                治癒はまれ
専門職の役割  治療の選択と実施       指導者でありパートナーである
患者の役割  指示に従う      医療従事者のパートナーであり、 日常管理の責任をもつ

 

 

 

というように、急性・慢性の定義は実ははっきりしていません。
アバウトなことが多いです。

 

 

理由なしの1度発症した腰痛には、大きな原因が隠れています。
今は大丈夫だけど、何年後にはまた再発することもあります。
例えるなら「塵も積もれば山となる」と言うことです。

 

無理を溜めすぎると、どんどんと溜まっていってしまいます。
自覚は「なんか疲れてるかな?」「ちょっと○○が張るな~」と感じたら
身体をケアする合図です。

 

早め! 前倒し!

の気持ちくらいでケアをしたほうがいいですね!

 

前回のブログ

「スポーツでのケガ ~体育祭編&お願い~」

 

こちらも中学生・高校生の子、親、先生方は必見です!

スポーツでのケガ ~体育祭編~ & お願い!

2018年09月14日

 

こんばんは!
静岡県藤枝市のスポーツでのケガ(ももの痛み・踵の痛みなど)の対処・再発予防を得意としている坂本接骨院・鍼灸院 藤枝分院です。

柔道整復師の太田がお送りします。

 

9月14日も沢山のご来院ありがとうございます。
皆様の「健康」をサポートしていきます!

 

 

一気に涼しくなりました。
夏との気温差に身体に慣れていなく、体調を崩す方が増えています。

 

本日もスポーツのケガシリーズ
~体育祭編~

 

この時季は、中学校・高校で体育祭のシーズン。

小学校は5月に行うところが多くなりましたね。

 

 

 

 

普段から運動をバリバリやっている子も
普段から運動をやっていない子も
体育祭の練習で身体に負担が掛かってきます。

それが少しずつ蓄積されて、体育祭目前で
「踵が痛い」「ふくらはぎが痛い」「ももが痛い」がでてきます。

最近は、競技の他に
全校生徒で踊りや組み体操を行っているので
腰・手首・膝なども痛める子も多いです。

 

いくら10代といっても
無理が重なれば、身体が壊れます。

壊れた状態でも、練習は休むわけにはいきません。

周りの目がありますからね。

 

だから、痛いことを誰にも話さずに我慢するのです。

 

そのことに学校の先生、ご両親、友達は気付いていますか??

 

 

 

「痛いところない?大丈夫?」

 

 

 

 

と言ってもらえるだけでいいです。

 

成長期の大事さを知っている柔道整復師からのお願いです!

スポーツでのケガ ~柔道編~

2018年09月12日

 

こんにちは!

静岡県藤枝市のスポーツでのケガ(手・足首を捻る)の対処・再発予防を得意としている坂本接骨院・鍼灸院 藤枝分院です。

 

柔道整復師の太田がお送りしていきます!

 

9月12日もたくさんのご来院ありがとうございます。
皆様の「健康」をサポートしていきます。

 

雨が続いていますが・・・
各地域、被害などはでていないでしょうか?

まずは、自分の身の回りを守ることから
はじめていきましょう!

 

 

 

 

 

本日、このような方が来院されました。

 

「柔道の試合で背中を強く打ち、その場ではなんともなかったけど・・・
朝起きたら、起き上がれないほど痛くて・・・。」

 

歩く時も、座っているときも、背中を丸くしていないと
痛みがでて、大変・・・。という状況。

 

問診・検査をし、原因を判断・・・。

これは、ある一種の「むち打ち」と似たような状態でした。

 

 

 

 

強く打ったことにより、筋肉たちが一気に緊張状態になってしまい
痛みを出してしまった・・・。
(筋肉が切れてしまった。肉離れになってしまった。とは、また違うので安心して下さい)

 

施術をし、8割は動くようになりました。
帰りの時も、背中がシャキン!となり、スタスタと歩いて帰っていきました・・・。

 

 

柔道ではこのように身体を強く打つ。などのケガのほか
肘・膝・足指・手指・首・腰・肩など・・・。

ほぼ全身をケガするリスクがあります。

 

当院でも柔道をやって、骨折・脱臼を何件も診ています。

 

柔道の際、防ぐ方法としては

まずは「身体の柔軟」「関節の可動域拡大」を目指すことです。
そこから、「受け身」の練習を徹底する。

(柔道整復師の免許を持っている方々は
柔道を経験していますので詳しいです。)

基礎を疎かにすると、ケガに繋がるリスクが一気に高くなります。

地味で、つまらないし、面白くもないから、中々続かない基礎ですが
だからこそ、基礎を大事にした選手がケガせず、活躍できるのです。

 

スポーツの秋とも言われますが
くれぐれも「やりすぎ」ないように気をつけて下さいね!!

 

前回のブログは

「骨盤のズレと腰痛の関係性?」

長年の腰痛がある方は、必見です。

骨盤のズレと腰痛の関係性?

2018年09月7日

こんにちは!

静岡県藤枝市のスポーツでのケガ(足首を捻るや手を打撲する)の対処・再発予防を得意としている坂本接骨院・鍼灸院 藤枝分院です。

柔道整復師の太田がブログをお送りします。

 

9月7日もたくさんのご来院ありがとうございます!
皆様の「健康」をサポートしていきます。

 

9月17,24日は祝日で休診となりますので
予約時はご注意下さい。

 

少し前に台風が
昨日は北海道での地震が強く影響していますが
各地域は大丈夫でしょうか?

 

私達も患者様の安全面を第一に考え、予約の変更などを促しています。
無理は決してしないでくださいね。

 

さて、本日は・・・

 

「骨盤のズレと腰痛の関係性?」

 

 

 


  

 

 

 

 

 

患者様の多くの方が

 

「骨盤矯正をしてみたい!」
「骨盤矯正がいいと聞いたのですが」
「姿勢矯正をやっていますか?」

 

などの問い合わせが電話・メールで多くあります。

 

「なぜ、やろうと思ったのですか?」と質問をすると

 

 

「姿勢が悪いから、良くしたい!」

「産後の状態をチェックしたい!」

などの声のほか・・・

 

腰痛があって、骨盤のズレがきてるのかな、と思って・・・」

「猫背が原因で、肩や首が重いので・・・」

という声も多いです!

 

皆様、知識があるな~と感心しています!

 

 

確かに、姿勢(骨格)のズレ・歪み・バランスが悪いと
身体の各部に影響を与えることがあります。

私達も検査や評価を徹底的にやっていますので
患者様の原因がどこから来ているのか、どこに影響しているのか などの
データを今まで来て下さった患者様(臨床データ)から取らせていただいております。
(第三者にお見せすることはありませんので、ご安心下さい。)

十人十色とあるように、患者様の状態もそれぞれです。
ですが、当院は様々なパターンに対応していますので
あなた様の状態も変えられることもできます!!

 

ぜひ、一度お問い合わせ下さい!

電話  054-625-9600

メールでのお問い合わせは こちらをクリック

 

前回のブログはこちら

「季節の変わり目の腰痛・ギックリ腰にご注意!」

 

季節の変わり目の腰痛・ギックリ腰にご注意!

2018年09月3日

 

こんばんは!

静岡県藤枝市のスポーツでのケガ(捻挫や打撲)の対処・再発予防を得意としている坂本接骨院・鍼灸院 藤枝分院です。

 

9月3日もたくさんのご来院ありがとうございます!
皆様の「健康」をサポートしていきます!

 

9月17、24日は祝日ですので、休診となっています。
予約時にご注意ください。

 

 

ブログが久しぶりになってしまい、申し訳ありませんでした。

書きたい気持ちでいっぱいだったのですが、諸事情で更新が出来ませんでした。

今回から、またスタートしていきます!

 

 

タイトルにもあるように・・・

季節の変わり目は腰痛・ギックリ腰にご注意!

 

 

なぜ、この時季に腰痛・ギックリ腰に注意すべきなのか??

 

 

 

 

ひとつは

人間には環境の適応能力が低いためです。

 

ヒトは、一定の体温を保つ生き物なので、周りの環境に変化があると
慣れるのに時間が掛るのです。

なので、春→夏、夏→秋、秋→冬、冬→春と

気温、湿度、気圧の変化に身体が付いていかないので
春夏秋冬の季節の変わり目が1番身体に負担が掛るのです。

 

 

 

腰痛やギックリ腰以外にも

風邪を引く、体調を崩しやすい、疲れやすい、食欲が落ちる、喘息がでる
などなど・・・

 

様々な症状や不調を出すのもこのタイミングです。

 

8月の終わりから今日まで、腰痛で来られる方が多かったため

ブログを書きました!

皆様も、お気をつけて下さい!!

 

P.S. 明日から大型の台風が接近します。

明日明後日のご予約されている方々には、午前中に一度ご連絡をさせていただきます。
無理して来院しなくても大丈夫ですからね!

 

 

 

夏期休暇のお知らせ

2018年08月3日

 

 

 

こんにちは!

 

静岡県藤枝市のスポーツでのケガ(足首を捻る・肩、肘の痛み)の対処・再発予防を得意としている坂本接骨院・鍼灸院 藤枝分院です。

 

 

 

8月3日もたくさんのご来院ありがとうございます!

皆様の「健康」をサポートしていきます。

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

夏期休暇による休診日のお知らせ!

 

 

毎日猛暑日が続いていますが

皆様ご来院ありがとうございます。

 

 

 

 

夏期休暇による休診のお知らせです!

 

 

 

 

 

 

 

◎8月12日~15日の4日間 休診

 

◎8月11日

   夏期休暇直前の特別営業

   8:00~11:00まで診療

 

 

となります!

 

 

 

 

休診日前後は混雑が予想されます。

ご予約はお早めにお願い致します!

 

 

 

予約を取る際の注意

 

当院は予約優先制です。

予約時間に遅れ(て来院され)た場合、次のご予約の方を優先させていただいております。

余裕を持って、ご予約時間の5分前には来院をお願い致します。

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

これからお盆の時期です。

お祭り・花火大会などが所々で開催されますね!

 

 

 

また、

ご自宅での荷物の整理や神棚の装飾

長時間の運転

をされる方も多いと思います。

 

 

 

 

そんなときに気をつけたいのが、

ぎっくり腰です。

 

 

 

重い荷物を持った際に・・・
かがんだ瞬間に・・・
長時間同じ姿勢で座っていて立ち上がったら・・・

 

 

など、様々な場面でぎっぐり腰は起こり得ます。

 

 

 

 

 

 

 

今日から使える!ぎっくり腰予防ワンポイントアドバイス

 

 

 

椅子からの立ち上がり方を意識したことはありますか?

 

 

 

 

このような座り姿勢から立ち上がる際

ぎっくり腰を予防するワンポイントが!

 

 

 

 

~悪い例~

 

 

よっこら・・・

 

 

 

 

しょ!っと・・・

 

 

「は~ヤレヤレ・・・」

 

 

皆さんはこのような立ち上がり方をしていませんか?

 

 

★ポイントは、目線です。

 

この悪い例では目線が床に下がり、

腕の力も使って立ち上がっています。

 

 

 

 

 

 

では、いい例はどのような目線か見てみましょう。

 

 

 

 

~良い例~

 

 

 

 

 

 

ほいっ!

 

 

 

いい例では、目線を上に向け

脚の力を使って立ち上がっています。

 

 

 

 

 

こうして目線を上に向けてから立ち上がると、

腰への負担が軽減されるため

ぎっくり腰の予防に繋がります!

 

 

 

 

 

 

 

今すぐ使えるワンポイントなので、

是非日常生活に取り入れてみてください!

 

 

 

 

身体の不調知らずの

快適な夏期休暇を過ごしましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回のブログはこちら↓

あってはならない交通事故!痛みがなくても要注意

 

 

もしも事故に遭ったら、何をするべきか?

誰に連絡を取ればいいのか?

 

パニックにならないためにも、是非お読み下さい。

 

 

お盆時は車の台数も増えます。

交通事故が多発していますので、お気をつけて!

 

 

 

 

夏休み真っ只中!炎天下での野球 ケガに繋がるかも・・・?

2018年07月31日

 

こんにちは!

静岡県藤枝市のスポーツでのケガ(捻挫や肉離れ)の対処・再発予防を得意としている坂本接骨院・鍼灸院 藤枝分院です。

 

7月31日も沢山のご来院ありがとうございます!

皆様の「健康」サポートしていきます。

 

学生たちは、夏休みを満喫している頃だと思います!

炎天下でも運動を頑張る学生たちと親御さんへのブログを書いていきたいと思います!

 

柔道整復師の太田峡兵がお送りします!

 

さて、今日のテーマは

「夏休み真っ只中!炎天下での野球 ケガに繋がるかも・・・?」

です。

 

だいぶ久しぶりになりましたが

高校野球のことと、野球を頑張っている学生たちが来院されるので

スポーツブログをアップしたいと思います。

 

 

診療終了し、自宅に帰る途中、自転車に乗り数人の高校生たちにすれ違います。

特徴を見てみると、大きなショルダーバッグ、髪は短め(坊主頭の子が多い)

と、野球部かな?と思い、時計を見たら21時過ぎ!!!

遅くまで頑張っているんだなーと感心してしまいました。

 

 

 

遅い時間まで活動をする部活は、野球部くらいでしょうか?

練習も質<量なのか

結構ハードな練習量とよく聞きます。

 

私はサッカー部でしたので、短期集中の練習でした。

普段の練習ももちろん大事なのですが・・・・

練習前のアップや終わった後のクールダウン

特に大事にしていたので部であったので

ハードであっても、疲れを持ちこさないような仕組みはできていました。

 

 

ですが、野球部はクールダウンをする時間があまりないような・・・

(遅い時間なので、勝手なイメージです。)

 

なので・・・

大きなケガ(衝突などのケガ)というより

繰り返しの練習によりケガをする。

と言った子が来院されるのを多く診ます。

 

例えば・・・

 

・低い動作を繰り返すことによって、膝や腰を痛めてしまう
・同じ格好での投球練習のしすぎ、打球練習のしすぎによって、肘や肩を痛めてしまう
・ダッシュの繰り返しによって、もも・股関節を痛めてしまう

 

 

などの患者様の証言が多いです。

 

体のケアが行き届いていないからでしょうか?

体の回復が追いついていないからでしょうか?

 

原因を探すと、沢山ありそうですが・・・

 

 

 

なんとか回復する時間を増やしていきたい!と思っています。

早く帰って、早く寝たい気持ちもあると思いますが

寝て回復するのにもやはり限度があります。

 

 

例えば・・・

 

回復数値50だとし

練習量にもよりますが疲労60~70

 

その差の10~20疲労として備蓄されてしまいます。

これが毎日繰り返されることによって・・・

どんどん溜まってしまい

パフォーマンスやコンディションが低下し

ケガをしやすい体になってしまうこともあります。

 

このケースが野球部には多いのではないか、と考えています。

 

このような状態のまま試合や大会で

良いパフォーマンスが発揮できるかと言ったら

う~ん・・・となってしまうでしょう。

 

まず回復力を上げられるよう

セルフケアクールダウンを行っていくことが
ケガしない・パフォーマンスを上げるために第1優先と考えていただきたいです!

 

その後に不調の場所を調整し、練習を休まずに

体を良い状態にしていく(コンディショニングや専門家の治療)ようにするのが良いでしょう。

 

今一度、選手や親御さんたちは現在の生活や体の状態を確認していただいて

今、自分に何が必要か?何が足りないか?また、何ができるのか?

と考えてみて下さい!

 

静岡県藤枝市、ぎっくり腰急増中!

2018年07月26日

 

 

 

こんにちは!

 

静岡県藤枝市のスポーツでのケガ(肉離れ・成長期特有の怪我)の対処・再発予防を得意としている坂本接骨院・鍼灸院 藤枝分院です。

 

 

7月26日も沢山のご来院ありがとうございます!

皆様の「健康」をサポートしていきます!

 

 

 

 

本日は 鍼灸師増田がお送りしていきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが最近

 

ぎっくり腰

で来院される患者様が急増しています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「またギックリやっちゃったよ~、前回よりも酷いかも」

 

 

 

そんな言葉と共に、

ご家族に支えられながら来院される方、本当に多くなっています。

 

 

 

 

 

寝ていて、起き上がろうとしたときにグキッ!
腰をかがめたときにグキッ!!
子供と遊んでいるときにグキッ!!!

 

 

 

そうなってしまったら最後・・・

自分で満足に起き上がることも、

車の運転も、

酷いときには歩くこともできない

状態になってしまいます。

 

 

 

 

 

ふとした瞬間にぎっくり腰は訪れます。

 

 

日々の疲れもありますが、

ここ最近は、気温が高く真夏日が続いているため、身体への負担が大きいのも原因の一つです。

 

 

 

 

 

 

もしも、ぎっくり腰になってしまったら

 

 

まずは安静にすることが一番です。

 

そして、ご家族や友人に連れ添ってもらい

整形外科(病院)や接骨院・整骨院へ行き、

適切な対応・処置をすることをオススメします。

 

 

適切な対応・処置をすると

回復力の増加、再発の防止をすることができます。

 

 

 

 

 

当院は、急性腰痛の対応・処置を得意としています!

 

詳しい腰痛のメニューはこちら

アクセス・料金表はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ひとりで我慢せず、出来るだけ早いうちに

お電話、ご来院ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

話は変わりますが

だいぶ夏らしい雰囲気・空気になってきましたね!

 

昨日までは過酷な暑さでしたが

本日は割と過ごしやすい気温なのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

当院の立て看板を書き直しました!

今回は花火大会の日程

です(ノ^^)ノ

 

 

 

 

 

7/28 安倍川花火大会

8/7 藤枝花火大会

8/10 大井川花火大会

8/11 ふくろい遠州花火大会

8/14 焼津海上花火大会

 

 

 

 

 

雨が降ることなく、スッキリした空に

大きな花火が打ち上がるといいですね!!

 

たーまやーー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回のブログはこちら

いよいよ!静岡県高校野球、決勝戦!島商 対 常葉大菊川

 

高校野球・・・夏を感じますね!!

是非ご覧下さい^^

 

 

 

 


1 2 3 4 5 10